img_02

ファクタリングの仕組み

ここでは、売掛債権の代表格である売掛金、手形とファクタリングとの違いを見ていきます。

まず、売掛金ですが、こちらは取引先との支払いサイトの取り決めがある以上、それより先に資金繰りに困ったとしてもキャッシュを得ることが出来ません。
試算表などの財務諸表では資産計上され格好はよいですが、現預金ではないので最悪、売掛金多くして借金ということもありえます。

ファクタリングの情報探しををお手伝いします。

次に受取手形との比較ですが、こちらは裏書をすることによって早期に現金化することが出来ます。

但し、満期まで待たずに現金化(主に銀行に持ち込み割引率を設定されてそれぞれの日数分の割引料を差し引かれます)することが出来ます。

実はファクタリングも手形同様、満期期日が定められているのですが、それよりも早くに割り引いてもらえることが出来ますので現金化できる点では同じです。

一流のWeblio辞書について詳しく知りたいならこちらのサイトです。

又、当然ですが、期日前に現金化するのですから割引料が発生します。


ただ、メリットとしては、買い取ってもらう点は同じですが、手形と違ってファクタリングでは貸し倒れる心配がありません。言葉が変になりましたが、ファクタリングの発行元が倒産しても割引した会社が支払う必要が無いわけです。



これは大変なメリットです。

但し、手形が受け取った以上裏書をすることにより支払いに当てることも出来る等使い勝手がよいのに対し、ファクタリングは債権譲渡する際、受け取った先に了承を得なければならないケースがあるという点です。

主契約で決めますので後で知らなかった等という不手際は起こらないでしょうが、逆に最初に譲渡禁止特約を入れられると割引をするか、期日まで持ち続けるかの2択しかなくなります。


多少、使い勝手が悪いのがデメリットです。